キャバクラの面接を受けるときって結構友達どうしで行く子が多いんだけど、正直あんまりオススメできません❌

確かに始めて面接に行く子は、勝手がわからなくて不安だったりすると思います。
だけど、いざ採用ってなったときのことを考えるとメリットがないどころかデメリットばっかりかも(泣)

1. 友達で同士で面接に行くデメリット


まず友達同士で面接に行く1番のデメリットは、面接官から比較されるってこと
2人を比較した印象でどっちが美人とかって評価をされちゃいます。
これは絶対に避けられません。
だから1人で面接に行って入れば受かったはずの子が、友達と一緒に行ったせいで落ちることもあります。

それくらいならまだマシな方で、1人だけ採用になるケースは本当に最悪!
これって落ちた子にしてみれば、「お前はいらない」って言われてるのと一緒だからね(泣)
そうなるのが嫌で、受かった子が「一緒に他の店探そう?」って言い出したらそれはそれでトラブルの元になりやすいです。

お店側からは「友達同士だから辞めるときも一緒なんだろうな」って思われるから、いつまでもお店が決まらないことも多いです。
でも実際は落ちる子には落ちるだけの原因があって受かる子には受かる理由があるから、大体どこの店の面接に行っても友達は受かり続けて自分は落ち続けることになります。

あと面倒なのが、時給の均一化が起こりやすいところ。
奇跡的に2人同時に受かっても、お店側が友達同士で差をつけると後で面倒だからという理由で、時給をそろえてきます
1人で面接を受けてさえいれば、もっと時給が高くなるはずだった子は損をする可能性が高いです。

2. 同時に採用されたときのデメリット


まず実際に入店しても、普段の癖で友達と2人だけで話をしちゃうからスタッフや他のキャバ嬢とコミュニケーションが取れないケースが多いです。
ちゃんとお店に馴染めないと、トラブルが起こったときとかに絶対困ることになります。
でも個人的に一番問題じゃないかなって思うのは、オンとオフの切り替えをうまくできないことが多いってことかな。

いくら友達同士でも一度入店したら同じお店で助け合う同僚であり、売上を競い合うライバルになります。
しかもキャバクラは自分の腕前一つで仕事をするきびしい世界だから、馴れ合いになってる子がいるとお店としても扱いに困っちゃうみたい。
それに、もし友達同士で太客の取り合いになったら絶対揉めるし、普通の同僚同士よりいがみ合いになって、友達でいられなくなることが多いです。