「キャバクラの面接で大事なことってなに?」って聞くと「見た目」って返事が返って来ることは多いけど、実際の面接では色々なところを見られてるって知ってた?

この記事では見た目以外の基本的なポイントに絞って紹介するね♪

1. 容姿以上に重要な態度


まず覚えておかないといけないのが、容姿が良くても態度の悪い人は採用してもらえないってことです。
例えば、「容姿は結構良くてメイクもバッチリなのにすごい猫背」の子がいたとします。
そういう子はなかなか採用してもらえません。
これは何故かってゆうと、猫背の人は自信がなさそうな印象を与えてしまうからなんだよね。

キャバでお仕事をするときに大事なのはやっぱり自信!
だから意識的に背筋を伸ばして胸を張って受け応えをするようにしてね。
面接官は、目の前で自分とお話しをしてるあなたのその姿を見て、実際にお客さんとお話しするときにどうゆう態度をとる子なんだろうって確認してるんです。

2. 最低限の一般常識


次に大事なのは一般常識の有無
キャバクラには本当にいろんな種類のお客さんが来るから色んな会話の引き出しを持ってないとダメなんだけど、それ以前に普通の受け応えができないと、誰にも相手にしてもらえなくなるんです(泣)
だから言葉遣いには絶対に気をつけようね。

たしかに人にはそれぞれ個性があるから、どこかの就活生みたいな画一的な話し方をする必要はないんだけど、きちんと礼儀をわきまえた話し方や態度を見せることは大事です。
キャバに来るお客さんの中には、一般的にVIPって呼ばれるようなお金持ちや有名人もいます。
そういう人達相手にも失礼な話し方や態度を取りそうな応対力のない子は、体験入店もさせてもらえずに面接で落とされちゃう。

3. 仕事に向かう姿勢


「キャバ嬢なんてニコニコしながらすご〜いってゆってればいいんでしょ?」って思ってる子がいたら、考え方を改めたほうがいいと思う。
キャバ嬢として生きようと思ったら、自分の話術と容姿だけでお客さんに満足してもらわないといけない、結構大変なお仕事なんです。
だから不真面目に見える態度の子はまず採用してもらえません。

後やたら偉そうな態度を取る子もNG!
そういう子は、他の先輩キャバ嬢やボーイさんとトラブルを起こすかもしれないって判断されます。
キャバ嬢は遊びじゃなくて仕事です。
面接だからって油断しないで、節度を保った姿勢を面接官に見せようね❤️