キャバ嬢は見た目が命!面接官に好印象を持たれる身だしなみ

  2017年08月01日   最終更新日:2018年02月12日



キャバクラの面接を受けるときに、面接官から好印象な見た目ってどんな見た目か知ってる?

「キャバに遊びに来るお客さんは美人な子がいいんでしょ?」って考えた子がいたら、ちょっと勘違いしてるかも。
実はすっごい美人な子でも、面接に落ちることがあるんです!

だからこの記事では、「キャバの面接官に受ける身だしなみ」を紹介するね❤️

大事なのは清潔感✨


キャバっていろんなイメージを持たれてるけど、キャバ嬢とお店のスタッフににとっては「仕事場」なんだよね。
だからまず清潔感を感じてもらえるように身だしなみを整えておかないと絶対ダメ!
でないと面接を受ける以前にNGが出ちゃうかも(泣)

例えば、

髪の毛ボサボサで部屋着の子
しっかりメイクして服装や小物にもそれなりに気を使ってる子

この2人が面接に来たら、誰でも後者を選ぶんじゃないかな?
前者は「もしかしたら実際にお店に出るときもあのまま来そう…」って思われちゃう。

つまり、社会人に必要な最低限のルールを守れない子は採用してもらえないってことなんだよね
ある意味普通の会社の面接と同じってこと!

まず大事なのは、面接してくれるスタッフさんに不快感を与えないこと。
まずそこをクリアできないとどこのキャバでも働けないから気をつけてね。

六本木現役キャバ嬢「アキ」さんに聞いてみた! 面接体験談

アキ

面接で落ちた苦い過去アリ!


男性とお話をしていればたくさん稼ぐことができる、そんな思いからキャバクラ嬢に興味を持った私。

ネットで求人を探して応募し面接を受けたんですけど、なんと落ちてしまいました(泣)
いやまさか落ちると思ってなかったんで、そのまま次のお店の面接を受けたんですけどまた落ちてしまうという…。

さすがにナメてたんですね。
ほぼノーメイク&近所のコンビニに行くような格好で面接に行ったもんだから、それは落とされるよなと。
次の面接はバッチリメイクに女の子らしい服装で臨みました。

そうしたら一発採用!
キャバクラ嬢と言えども誰でも採用されるわけではなく、面接官はちゃんと見てるんだなと感じました。

 

オススメのファッション❤️


最低限の身だしなみを整えたら、次は面接するお店のスタッフさんの気持ちになってファッションコーディネートするのがオススメだよ!

⭐️服装


まずはオススメの服装を紹介するね。
すっごい基本的な話になるから申し訳ないんだけど、採用されたらドレスでお店に出ることになります。

そういう背景があるから、面接官はドレスが似合う子かどうかを見てるんです。
だから「体のラインがわかるファッション」で面接に行きましょう。
ちょっとタイトめな服とか、露出多めのミニワンピもオススメ!

⭐️ヘアスタイル


次に髪型なんだけど、軽く巻くくらいでいいからちゃんとセットして行くほうがいいです。
服装と同じ理由なんだけど、面接官はいざお店に出てもらうときのイメージを掴みたがっています。

だから染めムラがあったり、プリンみたいな髪色もNG!
最近メンテナンスしてなかった子は、髪の毛を染め直すことを絶対オススメします。

⭐️メイク


最後にメイクについてなんだけど、少し濃いめのメイクで行くようにしてください。
キャバクラって結構照明が暗いから、下手にナチュラル系のメイクで行くと受けが悪かったり、すっぴんに見られるかもしれません(泣)
とにかく大事なのは実際にホールに出るときをイメージしてコーディネートすることだよ❤️


面接に無事合格した「アキ」さんのその後...

アキ

【面接に受かったのはいいけど...】


そんな感じでキャバクラ嬢として働き始めたんですけど、お店も適当に選んじゃったもんだから他のキャストの子もスタッフもお客様も結構ひどくて本当に大変でした
キャバクラ嬢になんてなるもんじゃないなって思ったものの、いや、他のお店は違うかもしれないと別の店舗の面接を受けて転職することに。

現在働いているところは4店舗目。
キャスト同士仲が良くてスタッフも優しくてお客様も落ち着いているのは、それなりに高級感のあるお店だからでしょう

最初からお店選びに力を入れればよかったと思っているところです
働くお店によって働きやすさって全然違いますから。

 

アキ 

【キャバクラで働き続けている理由】


働くお店こそ変えましたけど、それでも私はキャバクラ嬢として数年間働き続けています。
なんでこの仕事を続けているのかと問われれば、「得るものが大きいから」と答えます。

例えば、お金が得られます。
一度キャバクラ嬢を体験してしまうと、もう他の仕事には戻れません。
会社員と同じように週5で働けば、その会社員のお給料の3倍から4倍稼げるんです。

そもそも会社員のように週5で働く必要もないから、精神的にもとても楽。
プライベートも充実させられるし、時間的制約もキャバクラ嬢はゆるゆるなんです。

他の仕事で得られる知識ってどうしても偏るじゃないですか。

でもキャバクラ嬢は毎日違うお客様と接することができるし、お客様のお仕事もいろいろだから、得られる情報の質も量も種類も他のお仕事とはケタ違い
普通の会社で働いてる友達とかと会っても話のレベルが低いって思うほど、私の知的レベルが上がっちゃってます(笑)。

人生にとってかなりメリットが大きいので、私はこれからもキャバクラ嬢としてしばらくは働き続けるつもりです。

もしかしたら、今後はさらに高みを目指して超高級店のドアを叩くかもしれません。
こんな風にどんどん上を目指せるのもキャバクラ嬢のいいところだと感じています